近読シリーズ第2回

本自体読む機会が減ってきているのですが、そんな中で面白かった本を紹介できたらと思います。

 

 

 仕事術の本です。ずんずんさんはtwitterもやっていて(@zunzun428)学生時代から、

外資系はつらいよなども読んだことがあったのですが、こちらの本では上司に対する対処方や部下として求められている行動などを考える上で、新社会人になった自分としてはなかなか学ぶものがありました。活字ですが、文章が短いので、読みやすいです笑

外資投資銀行での日常を漫画にした「外資系はつらいよ」もおすすめです。

 

外資系はつらいよ OLずんずんが見た資本主義帝国♪の全貌

外資系はつらいよ OLずんずんが見た資本主義帝国♪の全貌

 

 

 

 

2.日の名残り

 

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

日の名残り (ハヤカワepi文庫)

 

 

この著者は日本生まれのイギリス育ちの作家さんだそうで、NHKの小説から学ぶ英語みたいなタイトルの番組で紹介されていたことから興味を持ち読みました。

 

第二次世界大戦頃、イギリスの名家に勤めていた老紳士の小旅行をしている間における過去の回想がメインのストーリであり、一人称で物語は語られます。

 

物語自体も趣きがあって良いのですが、一人称で語られるがゆえの主人公の語り口と実際の事実と思わしきことがらとのズレがよりいっそうキャラクターに人間味を与えているような、そんな作品でした。

昔読んだアガサ・クリスティーの『春にして君を離れ』も少し似たような構造がありますが、『日の名残り』の主人公の方がより共感ができるという人も多いと思います。

 

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

春にして君を離れ (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

 

 

 

~最近の日常~

時間だけはあった春休みから社会人へとなり、週3で通っていたジムもさぼりがちで今週は一度も行かず。読書もできておらず、通関士の資格のためにスキマ時間を作りなんとか勉強したいと思っている毎日です。あ、英語の勉強は全然ですね。たまにバイリンガールの動画を通勤途中にみて気分転換したりしています。英語しゃべりたいなー。

この職場全然英語使わないから残念だ。仕事で英語の勉強できたらな、とかおもうんですが。ですが貿易の勉強にはなっています。

でもこの前同期会したメンバーも疲れて休みの日は寝てばっかって行ってたなぁ。

最初の頃ってそういう人多いんでしょうか。

やっぱりどこの職場も大変な人は多いみたいで、本社に移りたいなとか考えてたんですが、本社に勤めてる子たちからするとえーっと驚かれたり。(でも俺の派遣先は嫌らしい笑)

そんな感じです。

第一弾2017年4月6日 私が最近読んだ本の感想〜

本を読みっぱなしもあれなので、読んでそれなりに面白かった本はこの場で紹介していけたらなと思います。

 

最近読んだ本を略して「近読」。初回ということでまず3冊紹介したいと思います。

 

まず1つ目。

 

トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)

トランプ自伝―不動産王にビジネスを学ぶ (ちくま文庫)

 

 

 以前トランプに関する書籍がこの本から多数引用されていたため、彼を知るにはこちらを読んだ方が早いと思い購入。

 

それなりに読むのに時間がかかったが、トランプ自身のパーソナリテイを知る上では有用である点と、少なくとも彼がビジネスの世界においては成功していることは確かなため、彼の仕事に対する哲学のようなものをなんとなく学ぶことはできた。

ただ自伝であることと彼のパーソナリティを考慮すると、書かれていることは吟味しながら耳半分にして聞くくらいが良いのかもしれない。

 

 

 

 

 2.

人生は20代で決まる――仕事・恋愛・将来設計 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

人生は20代で決まる――仕事・恋愛・将来設計 (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

 

 

内容

「人生の重要な出来事や決断は20代でなされる。20代の過ごし方は非常に重要である。キャリアや結婚を考えると決して『30代は新しい20代』ではなく、決断を先延ばしにしてはならない」

 

この著者についてはFacebookでTEDのプレゼンがリンクされていて、私自身刺激を受けたため、購入。

 

 

 

20代について多くの人は、時間はまだたっぷりあるとか人生はいつからでもやり直せるというアドバイスが数多くあります。それは間違っていないのですが、統計上20代のキャリアは今後の年収に関わったり、女性でも不妊治療の医療費の高騰化が社会問題になっているという現実があります。

どのように自分の人生を形成していきたいのかを考える上では非常に役に立つ内容であると思います。

 

内容としてはユニークな患者と先生のやりとりが面白く、まるで自分自身が彼女のクライアントのような感覚があり、特に前半のキャリア形成に関する内容は楽しく読むことができました。

 

TEDはこちら

www.ted.com

 

TEDの内容を文章化したものがこちら

www.ted.com

 

 

 

3.

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

 

 

 

〜内容〜

「アメリカではGRIDというやり抜く力が就職などでも評価されてきており、それは後天的にも伸ばすことができる。まずは一つのことを続けてみることが大事である。」

 

 最近売れてるビジネス書ということで一読。たぶんこの著者もTEDで講演されています。

 

 

数多くの習い事をやってはやめ、バイトも短期間しかやっていなかった私としてももう少し頑張れば「根性」がついたのかなと感じる内容でした。もちろん合う会わないといった判断も入りますし、辛い環境を我慢する人が人を搾取するブラック企業を増長させてしまうのかなとも思いますが。

ただこの本を読んで思ったのが、GRIDを持つ人は会社や社会にとって役立つだけでなく、個人においてもGRID(≒根性、とも読めますが)があれば、より豊富な経験や訓練の機会を得ることができたのではないかなと感じた次第です。

 

以上第一回、近読でした!

 

(すべて翻訳されたアメリカの本になっていたことに気付きました。たぶん、私がアメリカかぶれ野郎なせいだと思います。)

 

 

 

 

 

NHK語学番組レビュー

人生最後の春休みに時間が有り余っているため、多言語を習得すべくNHKの語学講座を録画し視聴し、自己啓発を行った。その過程で気づいた改善点や番組の工夫などを記録する。

 

(アイウエオ順)

 

アラビア語〜★★視聴回数(1回)

とにかく難解だという印象を受けた。まず右から左に読むという点でも異色であり、自分でアラビア語を書けるようになるには膨大な時間が必要である。とにかく日本語とも英語とも違うという印象をもったが、月の読み方はやや英語との共通点が見受けられた。

 

〜イタリア後〜

(未視聴)

 

〜韓国語〜(3回程度)★

主婦層を意識しているのか韓国人アイドルを起用している。興味がない人にとってそのような演出に違和感を感じる。文法や語彙の説明が少ないのもマイナス。

 

 

スペイン語〜★★★(視聴回数8回程度)

ヨーロッパ旅行シリーズ。旅行タイプの中では文法や語彙の説明、異文化の紹介など楽しく勉強できるという点ではもっとも優れていると感じた。特にメイン出演者2人のコンビの相性が良いと感じた。

北スペインを中心とした旅程であったため、続きがあれば、その他の地域のシリーズも楽しみである。

 

 

〜中国語〜★★★(視聴回数5回程度)

スタジオ系の語学番組の中ではかなり優秀な番組である。文法や語彙の説明に加え、中国語で重要と言われている発音も視覚化する等の工夫を行っている。語学番組の完成型ともいえるのではないだろうか。

 

〜ドイツ語〜★★(視聴回数2回程度)

メイン出演者の2人が単にネイティブがガイドで日本人が客というような関係。やはり旅行番組と語学学習の組み合わせの難しさを感じる。まぁ中庸だろう。

 

 

〜フランス語〜★(視聴回数3回程度)

日本人女優が日記というスタイルで旅を回想するという設定は無駄そのものである。パリジェンヌを意識しているのだろうか。番組の終わりで今日のフレーズの復習があるのは良い。

メイン出演者2人に関してはネイティブが空気で単なる通訳になっているという点において、やや不憫である。

 

 

〜ロシア語〜★(視聴回数2回)

とにかくロシア文化を学びたい人と休養中の小林麻耶をテレビで見たい人には貴重な番組である。

夜11時でも明るい白夜を見れたのは良かった。

 

〜まとめ〜

我ながらかなり暇人だと思うが、1.5倍速で見ることも多いため、それほど時間をかけているとは感じなかった。

ただ早くしてみるとただでさえ聞き取れない発音がさらに聞き取れなくなるため、要所要所で再生を早めるといった工夫が役立つだろう。

番組自体にはそれぞれ個性があり、出演者や言語の性格自身に番組の質が影響されるという面白みがある。

また視聴者の側としても足りない知識は本や学校などで補う等の努力が必要不可欠である。あくまでも番組は学習の補助としての位置付けが適当であろう。旅行タイプの番組においてはその言語が話されている国の文化や土地の様子がわかるため、モチベーションの維持にも役立つものと思われ、「世界不思議発見」のような旅行番組として見ることのできるクオリティの高いものも多く、言語に興味がない人であっても、楽しんでみることができるだろう。

4月から各番組の第一回目の再放送が開始されるため、基本的な部分から学習が開始できると期待している。

 

以上にて、NHK語学番組のレビュー完了。